ようこそ

タッカンとバナナが気ままに書いたり書かなかったりするブログです。
momolife フレブル★モモコの成長日記」と「momolife アウトドア編」を統合しました。気分新たによろしくお願いします。

2009年2月28日土曜日

膝蓋骨脱臼、その後

今日はモモコの膝の詳しい検査をしてもらいに名古屋市にある動物病院へ行ってきました。

実は、先週膝の脱臼だといわれてからいろいろネットで調べてみたら、
名古屋動物整形外科病院という、専門の病院があるということが分かったんです。
日本に唯一の、リハビリ施設を併設した整形の専門病院だそうです。
せっかくこんなに近くに専門の先生がいるなら行ってみようということになりました。

混むから早く行かなきゃと思っていたのに、朝寝坊してしまって病院に着いたのが11時前。
受付をすると、2時間くらいはかかるので出かけててもいいといわれたので、お昼を食べて、お散歩をして戻りました。
順番を待っている間、たくさんのワンちゃんがリハビリなのか、フィットネスなのか、
併設されている室内の温水プールに来ていました。。。フィットネスだとすると、セレブですよねぇ。
モモコ以外にフレンチブルが4匹くらい着てました。

今日はすごく混雑していたのか、結局診察をしてもらったのは15時半くらい。。。
覚悟はしていましたが、驚くほど待ちました。
そして、いろんな部分のレントゲンをとって詳しく調べてもらいました。

結果なんですが、
・まず、脱臼については左足だけだと思っていたのが右足もだったことが分かりました。。。
しかし、モモコの脱臼はグレード2(1~4のうちの軽いほうから2番目)らしく、
手術をするかしないかには次の3つの判断基準があるそうです。
1.”痛み”があるか
ブルドッグ系の子はものすごく鈍感というか、痛みをあまり感じない犬種だそうです。
モモコに聞いてみないとわかりませんが、
先生いわく、”痛いことに気づいていない”ということでした。

2.機能低下していないか
モモコの場合、普段は普通に歩いているので今のところ問題なし。

3.関節炎が進行してしまわないか
モモコの場合、関節はまったく問題なし。

という判断で、手術の必要はなしとなりました。
この先も、きちんとした対処をすれば手術の必要はまずないだろうといわれました。

・あと、膝とは関係ないんですが、背骨の形態異常があることが分かりました。
ただ、フレンチブルの97パーセントはこの異常を持っているらしくて、
フレンチブルである証のような奇形だそうです。
この奇形がすごく酷いと神経系の障害がでることがあるみたいです。
モモコはそんなに酷いほうではなかったのですが、7歳くらいから注意が必要だといわれました。

そして、うちはフローリングなんですが、明日にでもじゅうたんを買ってきて敷くようにいわれました。
膝だけでなくて、背骨の問題にもすごく影響があるみたいです。
それさえすれば、劇的に膝の症状は改善されるということした。

長くなりましたが、結局、”たいしたことはない”ということが分かって安心しました。
ただ、やっぱりドッグランで走るのはあまり良くないといわれてしまいました。。。

たくさん検査してもらったので、診察料金を見て愕然としましたが、
知らなかったこと(背骨のこと)も分かったし、行ってみてよかったと思います。

アニコム、入ってて良かった~。(保険のセールスではありません)

しかし、脱フローリングでタイルカーペットを敷く予定なので、またまた予定外の出費です・・・。
s-DSC_0034.jpg
おすすめのものなんかあったら教えてくださ~い。