ようこそ

タッカンとバナナが気ままに書いたり書かなかったりするブログです。
momolife フレブル★モモコの成長日記」と「momolife アウトドア編」を統合しました。気分新たによろしくお願いします。

2009年7月2日木曜日

和鉄ダッチオーブン28でローストビーフ

前に行ったPICA富士西湖のキャンプで挑戦したローストビーフについて、
忘れないように書いておきたいと思います。
まあ、作った料理も記録していこう、と。そういう訳です。
キャンプ行ってないので、書くネタがないってことの方が大きいですが…

いきなりの完成写真はこちら。

中はピンク色、焦げ目が少ないような気がしますが、割と成功…だったかな。

正直、ローストビーフって食べた記憶があまりないので、どういうものかわかっていないんですよねタラ~

作り方は結構簡単。でも上手くできるかどうかは別、そんな印象です。


まずは買ってきた牛モモ肉にクレイジーソルトを大量にぶっかけてすり込みます。
・ス・スこのあたりの写真がない)

スライスしたにんにくをペタペタと貼り付けます。

そして30分程度時間をおきます。

プレヒートしたダッチオーブンに肉を投入し、表面を焼きます。
今思えば、この時は焼きが少なかったのかな。

焦げ目がついたら、底網を引いて肉を載せ、上蓋にも炭を載せて焼きます。
下火よりも上火の方を強めにするようです。
この時の炭は割れたのばかりで使いにくく、見苦しいです。

20分程度そのまま待ちます。
モモコのように寝てしまうと、焼きすぎになってしまうので注意。

肉の中の温度が55度になると出来上がり。
うちは金串をロースビーフにちょっと刺して、唇に当ててヨシッ出来上がりチョキ
なんてカッコいいことはできないので温度計使いました。


ホントは、表面がもうちょっと焦げている方がいいなぁと思ったけど、
55度になっちゃったからOKとしました。

粗熱が取れた後、薄くスライスして出来上がり。(ちょっと分厚かったような…)
熱いときに切っちゃうと、肉汁が流れちゃうらしいですし、うまく切れないようです。

このときはわさび醤油で頂きました。味は…まあまあだったかなニコニコ
ぜひ、再チャレンジしたいですね。


今週末は天気まずまずな感じなので、このまま持ちそうならキャンプ行っちゃおうかなー、と企んでます。



ユニフレーム(UNIFLAME) チャコスタ
ユニフレーム(UNIFLAME) チャコスタ

炭熾しはいつもコイツを使ってます。

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン28
スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン28

ウチが使っているダッチオーブンはこいつ。
スキレットもついてます

スノーピーク(snow peak) 焚火台 L
スノーピーク(snow peak) 焚火台 L

今回も焚火台を利用してますが、直に置いちゃってます。使い方間違っているような…
でも、ダッチオーブンを載せても全然心配ありません。